海外化粧品輸入代行

化粧品輸入代行
『トータルシステム』

当社は、化粧品製造販売許可を取得しております。
海外製化粧品を日本へ輸入される場合、
輸入元として薬事法に基づく品質管理や通関の手続きをする必要があります。
そこで、化粧品製造販売許可を取得している弊社が、御社に変わって
輸入許可手続き、成分チェック、ラベル作成、GQP・GVP・薬事管理から商品を御社納品まで
お手伝いさせていただきます。

太和堂が御社に代わって代行
輸入許可手続き成分チェックラベル作成GQP・GVP・薬事管理商品納品
  • 化粧品製造販売業

    当社許可番号
    13COX10183
  • 化粧品製造業
    許可区分
    (包装・表示・保管)

    協力会社許可番号
    11CZ200049

輸入代行の流れ

  • STEP
    1
    日本で販売可能な商品かどうか確認製品確認

    製品サンプルと成分配合表、詳細をもって日本で販売可能か配合成分の確認後、分析検査を行い、日本に輸入可能どうか確認いたします。

  • STEP
    2
    輸入許可手続き

    輸入申告や国内流通の際に必要になる行政への各種届出を 、お客様に代わり製造販売元として行います。

  • STEP
    3
    輸入・通関

    通関、国際輸送(海上・航空)、日本到着後の輸入申告手続のすべてを手配します。

  • STEP
    4
    GVP・GQP・品質管理・成分表示ラベル作成

    包装、ラベル貼り付け、シュリンク、検品業務は弊社提携先(製造業許可)へ依頼いたします。
    ※GQP(製造管理・品質管理)/GVP(製造販売後・安全管理の基準)

  • STEP
    5
    国内運送

    貴社希望住所までの発送いたします。

  • STEP
    6
    商品販売サポート

    日本国内における販路開拓に協力させていただきます。

化粧品の法定表示
について

化粧品を輸入するためには、薬事法に準拠する必要があります。
まずは、化粧品製造販売業・製造業の「業許可」を持つ業者のみ輸入・販売が認められています。
化粧品には購入された方に分かりやすいように販売名や製造販売業者、ロット番号など製品に関する情報の表示が必要です。
薬事法では第61条に定められており、その表示は化粧品が直接入っているビンや箱(直接の容器又は直接の被包)に行わなければなりません。

  • 01
    製造販売業者の氏名又は名称及び住所
  • 02
    「製造販売届書」で届け出た製品の名称
  • 03
    製造番号又は製造記号
  • 04
    成分の名称(全成分表示)
  • 05
    種類別名称
  • 06
    内容量
  • 07
    原産国名
  • 08
    使用上又は保管上の注意
  • 09
    問い合わせ先
  • 10
    必要に応じて使用期限

お問い合わせ

page top